忍者ブログ
のんびり・また~り・まいぺーす: 自分のために、日々の出来事を書こう。日記の代わりにね。 最近は、美味い!しか言ってない気も(笑)
久しぶりに映画の感想を書きましたよ。
ずいぶん前に観た映画の感想なので、弱冠忘れてるところもありますが(笑)

【感染列島】
なんでしょうねぇ・・・。
ストーリー展開は別にこのままでもいいんですよ。
ただね、やはり突っ込みどころ満載。
役者によって差を出す演出とか。
そして、妻夫木演じる主人公医者の微妙さ加減。演技力の無さも相まって、感情移入とか以前の問題。

自分がウイルスを保菌している可能性があるとわかっているにも拘らず、海外に行ってしまうボンクラ医者。
世界から日本に注目が集まっている中、よくまぁ渡航許可出ましたね。
世界中にウイルスをまき散らすつもりでしょうか?

危険だと分かっているのに、マスクをしていない医者や看護師。
未知のウイルスが発症した病院なのに、かなり後になってもマスクしていない時があるとか。

発症した人間は酷い痙攣と目や口から血を流すという症状なのに、ヒロインに限っては静かに息を引き取り、最後に涙を流すかのように一筋の血が目から流れる。
その時にその場所にいた主人公は、マスクをしていない。
主人公は感染しないんですね。主人公だから。

マスクしないのも、きっと役者の顔を隠さないためなんでしょうとも。
本当にそうなのだとしたら、もうゲンナリ。
内容以前に、プロダクションとか、各会社の利益などが透けて見えてしまったら、もう作品として見られない。
そんなつもりは無いのだとしたら、設定が破綻してるダメ作品。

他にも、泣けるでしょ?切ないでしょ?感動するでしょ?の演出オンパレード。
いや、もう、こういうシチュエーションだけで感動させようとか、視聴者を馬鹿にするのもそろそろやめませんかね。
え!感動した視聴者続出!?は?

あ、ただ、所々にある小さなエピソードとか、そこだけ取り上げるとちょっと泣けるエピソードはありましたかね。
で、ふと思い出したのがタイタニック。
自分は全部観てないんですが、この作品の感想に似てるかなと。
本編はつまらないが、メイン以外の小さなエピソードが泣けると。
同じだ(笑)


長いんで畳みますよ。

拍手

PR
映画を観た感想④ですが、このブログタイトルも前回の記事から時間が経つとあまり意味ないね(笑)
どうでもいいけど。

【かいじゅうたちがいるところ】
絵本の実写映像化ですね。
はっきり言って、子供向けの作りではない気が。
かいじゅうたちの容姿は、子供によっては夢に出てきて泣くでしょ(笑)

どちらかと言うと、自分が子供の頃に空想した世界を懐かしむというような、大人向け映画という気がしました。

個人的には、かいじゅうたちが最近流行のCGでなく、着ぐるみ特有のもさもさ感と、キモかわいいキャラ(か、どうかは微妙だがw)&彼らが織り成す不思議空間は観ていて微笑ましかった。
重なって寝ようとか、吹っ飛んで無くなった腕に代わりに木の枝を刺すとか、なんかもうね(笑)

ただし、内容はあくまでも絵本ですから、大人が観ても感動したりはしないでしょうね。
主人公の孤独と、その孤独ゆえの傍若無人な振る舞い。
その主人公まんまのかいじゅうたち。
人の振り見て我が振り直せ。
まさに子供のための作品。
でも、大人向けとしか思えない作品。

悪い作品でもないし、良い作品でもない。
でも、絵本のような世界観が好きな人なら、きっと気に入るかも。


【ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破】

言わずもがなの作品。
自分は旧エヴァンゲリオンのDVD-BOXを買うぐらいには、好きな作品であります。
まぁ、ストーリーに対しては素晴らしい!と絶賛するほどではないことも事実ですが。
あくまでも、アニメーションとしての表現に魅かれている&特撮が好きなんです(笑)
死海文書や使途などなど散りばめられた謎や演出など、アニメとしての表現力は非常に勉強になります。

ところで、その旧エヴァンゲリオンの新しい解釈の新劇場版の2作目。
1作目はあくまでも旧版とほぼ同じ進み方でしたが、この2作目から新キャラ登場で徐々に前作から離れた内容に。
新キャラのマリの声の坂本真綾さんが、棒読みに聞こえるのはなんででしょう?(笑)

噂では、旧劇場版の最後から続いているのではないかとのことですが、たぶんそうなんでしょう。
全4作なので、この2作目でいちいち感想を言うほどではないので、こんなところで。
まだ3作目『Q』を観ていないので、続きが気になります。
世間の反応がイマイチなのがなんですが・・・(^^;)


【地球が静止する日】

地球の静止する日のリメイク。
地球を人間から救うために来た宇宙人が、関わった親子にほだされて・・・ってな話。
ん~、なんでしょうかこの作品・・・。
宇宙人ネタは大好物なのですが、なんかイマイチな作品でした。

キアヌリーブス演じるクラトゥは、なかなか面白い人物像(うちうじん像?)だったなと。
そのクラトゥの案内役である親子(血の繋がりは無い)の親子愛など見せたいのもわかるんだけど、なんともスッキリしないんだよね・・・。
単純にその親子のガキがうぜぇという印象が一番強い(笑)
作品観れば、駄々こねる理由もわかるんですが。

それに、クラトゥさん。
そんな一組の親子を見ただけで、信念曲げていいんですか?みたいな(笑)
とりあえず、元作品の地球の静止する日はそれなりの評価なので、そっちを見てみたいなと思われ。


【蛍火の杜へ】
単純な感想は、少女漫画ですね。以上おわり。

ってな訳にもいかないのでざっくりと。
夏目友人帳のスタッフが制作するとのことで、ちょっと期待していたんですが・・・。
元の作品が短編の読みきりだからか、ちと残念な気がしましたよ。
人間に触れられると消えてしまうという妖怪のギン。
そんなギンを慕って、6才の頃から毎年ギンに会いに行く蛍。

毎年二人が会い、蛍だけが歳を重ねていく。
その内に二人の間の感情が、徐々に愛情に変わっていく。
触れたくても触れられない、そんな切ない気持ちや葛藤。
よーくわかります。

ただ、その二人の内面や感情の移り変わりの表現が非常に希薄な気がしたんですよ。
そして、ギンを育てた妖怪たちが、ギンが消えてしまうかもしれないことを怖れ、蛍に苦言を呈すわけですが、このあたりの表現ももっと丁寧に描き、もっと二人に干渉していくちょっとしたエピソードがあれば、最後の展開の妖怪たちの言葉にさらに重みと深みが出たと思うんですが。

あくまでも短編映画と言うことでその辺りは端折ったのか、それとも野暮なことは言わず視聴者の思う様にとのことなのか、どちらにしてもあと10分ほど尺があればなぁ~なんて思ったりしたことは確か。
惜しい。


【スカイクロラ】

上映当時、かなり叩かれてた印象があって一歩引いて観ていたんです。
観て思ったのは、押井監督が作る作品は何でも叩く批判厨のコメントが前面に出てただけだったのかと、ちょっと反省。
その証拠に、映画の感想サイトではそこそこの評価を得てましたし。

思春期を過ぎて成長が止まってしまうキルドレという存在。
彼・彼女らはその能力で、戦闘機のパイロットとして戦争に赴く。
そんな、成長しない主人公たちの葛藤と、彼らを取り巻く大人たちのやるせなさがなんとも切ない。
キルドレの女性指揮官、草薙が自暴自棄になる理由など、とにかく切ねぇ~なのです。
ネタバレになるので、その辺りの詳しい説明は出来ませんが。

それと、CGを使用した戦闘機の飛ぶシーンは見事と言うほかない。
自分、トップガン大好きなんですが(ストーリーはどうでもいいレベルw)、あの戦闘機のスピード感と浮遊感、そして戦闘時の緊張感・・・。
戦闘機の大編隊をその上空から見せるカメラワークなど、これこれこれだよ!ってな場面が所狭しと再現されてる。
圧巻でした。

ちょっとした仕草や、細かい演出、間など、今どきのアニメファンはウザかったり、これ必要?なんて思う人も多いかもしれないけど、これぞ演出!という表現をしっかり見てほしいと思う作品でありました。
セリフだけで感情や状況を説明(保管)しようとする作品など、正直見ていてなんの感動も感慨も出やしません。
個人的にはそんな作品、監督に力が無いか、視聴者を馬鹿にしている(説明しないとわからんでしょてこと)かのどちらかだと思うこともしばしば。

押井監督は「100万人が1回観るのも、1万人が100回観るのも同じ」との発言があるとwikiに書いてありますが、まさに今回の映画も何回も観ることで、また違った見え方のする作品だと思います。
あ、ちなみに自分、押井監督マンセーの人じゃないんで悪しからず(笑)

拍手

【タイタンの戦い】
昔に映画化されたものの、現代版リメイク作品の方。
ゼウスの息子、ペルセウスが世界のために神々と戦う話。
ギリシア神話ですね。
ちなみに、昔のタイタンの戦いを観た覚えはあるんですが、ほとんど覚えてない(苦笑)

で、現代版。
内容は言っても仕方がないぐらい有名(だと思う)ので飛ばしますが、かなり楽しめましたよ。
演出やカメラワーク、CGなど、まぁ見事な世界を作り上げておりました。
良くも悪くも王道作品。
個人的には、メデューサの蛇の動きとスピード感、そしてクラーケンの圧倒的巨大感がCGとカメラワークで見事に表現されていたのには、ちょっと感動を覚えた。
ちょっと無理やりな恋愛要素(笑)も、無いところが好み。
途中それほどだれる所もないし、どんどん先に進んでいく軽快感は観ていて気持ちがいい。
この手の作品にテーマ性とかは不要。
これでいいんです。
この作品、正直アバターよりも好きかもしれぬ。
逆襲も観なければなりませんな。


【聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-】
山本五十六の戦時中の生涯を描いた作品。
wikiを読むと、映画評論家の方の総評が載ってましたが、確かに全体的に見せ方が淡々としていて、人によっては物足りなさを感じるかもしれません。
ただ、自分は戦争映画ではあるけれど、あくまでも山本五十六という人物にスポットを当てた映画だと思って観ていたので(つうか、タイトルまんまだしw)実写と特撮シーンが分断されて云々はあまり気にならなかった。
当然脚色もしているだろうし、実際の人物は当然知らないですが、この映画の中の山本五十六という人物像に関しては、それなりに感情移入してました。
派手な戦いを見たいのならば、別の映画がいくらでもあるしね。
淡々と進んでいく内容が、自分は逆に心地良さも感じてました。
きっと観る人を選ぶ作品なんでしょうね。


【コクリコ坂から】
この作品の前評判はなんとなく聞いていたけれど、観てよくわかりました。
作品全体の雰囲気とか、内容は良くもないし悪くもないという印象。
そして、この内容ならば昭和世代、50~60代前後の方の評価が高いのはよくわかる。
ノスタルジーというやつですね。
自分の学生時代を思い出して懐かしむという意味であれば、単純によかった!という評価になりやすいでしょう。
カルチェラタン存続のため学生が団結するなんて、まさに学生運動世代の心をくすぐるでしょうしね。

そして、ぺんぎん(嫁さん)曰く、主人公メルが想いを寄せる相手、風間 俊に対しての感情がイマイチわかりにくいとのこと。
そうですね、確かにメルが何故 彼を好きなのか、そして少しづつ想いを強くしていく経緯などが演出が弱いせいかどうも感じられない。
恋愛部分もこの作品の肝の一つなのだから、もう少し丁寧にやってもよかったかなとは思います。

それと、自分としては全体的にこじんまりしすぎな気がしたのも確か。
アニメなのだから、アニメらしい演出(実写では出来ない表現や、アニメならではの映像作りなど。)で、もっと良くなるんじゃないかと思った。
だって、このままならば、実写化でもあまり変わらないだろうし。
ちょっと勿体無いかなって気がしました。
でも、宮崎吾朗監督は世間で言われるほど悪いとも思わない。
もっと、アニメーションならではの演出や表現を作品に生かしていけば、たぶんもっと良い作品作りが出来る監督になっていくような気がします。
その人ならではの表現力(個性)ってやつですね。
正直、アリエッティよりは良かったと思うし。

ところで、関係ないんだけど、風間俊の友人の声を、風間俊介が当てていたのにはワロタ(^ω^)


【さまよう刃】
東野圭吾氏、原作ですね。
相変わらずの、気分モヤモヤ作品でした。
自分が主人公と同じ境遇に陥った場合、どうするかは正直まったくわかりません。
ですが、気持ちはわからんでもない。
でも、人間としてそれでいいのか?
では、人間って何ぞや?
重いテーマ過ぎて、こういうのはキツイ。

拍手

【アイアンマン2】
元々アメコミ好きだったので、自分にとってつまらないはずがない。
まぁ、アイアンマンは読んだことないんだけど(^^;)
そして、この作品にもミッキー・ロークが出ていたのね。(エクスペンダブルズの後に観たので)
ミッキー・ロークと聞くと、どうしても猫パンチを思い出してしまうのでした(笑)

ところで、ストーリーに関しては、この手の作品では充分な内容だと思っているので特に言いたいこともないんだけど、
とにかく白人系特有の会話がどうしてもウザったく見えてしまう。
そう、人の会話に会話を重ねて、人の話も聞かずに勝手にしゃべりまくるってやつ。
朝まで生テレビでもやってますが(苦笑)、こういう文化は単純に好きじゃない。
自分の想いを伝えたいという勢いは感じられるんですが、押しつけがましいのはどうもね・・・。

それともうひとつ、テレビ朝日版を観たのですが、トニーの吹き替えが池田秀一さんというのが少しばかり残念。
池田さんの雰囲気は、トニーの性格からすると上品すぎるのですよ。
BD&DVDでは藤原啓治さんのようなので、個人的にはやはりこちらかなと。
あくまでも個人的な好き嫌いの問題ですが。

空を飛んでいるときのスピード感や、カメラワークも嫌いじゃないです。
まさに王道です。
やっぱり、こういった勢いのある作品を観るのは楽しいですな。



【ピューと吹く!ジャガー ~いま、吹きにゆきます~】
こちらはDVD再編集版の、蛙男商会がアニメ制作した劇場版フラッシュアニメ。
ジャガーは週刊少年ジャンプ本誌で読んでいたけど、ジャンプを買うのを止めてからは全くわからず。
何となく観ていたんだけど、うすた節全開ですね。わははは。

この作品は蛙男商会のフラッシュアニメでも、充分に耐えうる作品になってますね。
内容が内容だけにw
マサルさんの時はセルアニメーションでしたが、所々フラッシュアニメのような感じでしたしね。
ところで、この作品の感想を言うのは正直バカらしいのですが、一応感想をば。
このまま突っ走れ!です(笑)
うすた作品が好きな人は大好きだろうし、嫌いな人は見るんじゃない。当たり前すぎますが、そんな作品。



【第9地区】
誰がどう見てもアパルトヘイトが元になっていることは一目瞭然。
監督も南アフリカ出身ということで、このテーマを取り上げたかったであろうことは火を見るよりも明らか。
・・・と思ったら、あくまでも舞台としたというだけで、皮肉や風刺ではないとのこと。
そうは言ってもアパルトヘイト政策を知っている以上、はいそうですか、とは簡単には思えないわけでして。
世界観を変えつつも、ここまでテーマ性が明らかな作品を観るのもなんだか久しぶり、などとのたまうのでありました(笑)

そして作品の作りも、ドキュメント番組のように、主人公の語りや他者の主人公への思いなどを語るインタビュー形式を挿入し、
現実の時間軸に戻す演出(本編はこちら)もなかなか良かった。
このような演出は、物語への没入感が心地いいのですよ。
珍しい演出ではないかもしれませんが、この作品の結末を考えると、この演出は正しいと思います。
ちょっと、切なくなるのよ・・・。

ただこの作品もアイアンマンと同じで、場合によっては会話を重ねるのよね・・・。
まぁ、文化なので仕方がないんだけど。

ストーリーも、それほど珍しいわけでもないんだけど充分に面白かった。
それはたぶん、作品としてのバランスがいいからではないでしょうか。
実は細かいところに突っ込みどころはあったりするんだけど、全体的に見ていい作品に仕上がっていると思うので良作品だと思うのです。
例えば、エイリアン達はなんだかんだで、人間にある程度服従しているところとか(^^;)
それなりの力も能力もあるので、あっという間に反乱を起こしそうな気もするんですが(笑)
SFが好きな人には結構おすすめ。

拍手

昨年末から結構映画を観た(映画館に行ったわけではないw)ので、メモを兼ねての感想。

【エクスペンダブルズ】
カンフー&マッチョ系ヒーローが好きな自分は、嫌いなわけがない(笑)
誰もが主役級の出演者を、よくまぁこれだけ集めてこれたなと。
ストーリーもありがちだけど、これだけのキャストが出演しているだけで、もうお腹いっぱい。
こういったエンターテイメント作品に、難癖付けるのはあまり意味ないと思うよ。

とは言いつつも、一つだけ気になったことがあるのでした。
この作品は派手なアクション(格闘)も見所だと思うんですが、そのアクションがちょっと残念。
格闘シーンで、ちょっとカメラワークを使いすぎな気がした。
例えばパンチやキックを繰り出す。
その後にカットを変えて、拳や足が当たったところのアップ。
さらに直後にカットを変えて、吹っ飛んだり苦しんだりのカット。
この間たったの1秒ほど。
確かにカメラワークを頻繁に変更してスピード感を出す演出もわかるんだけど、例えばジェットリーは本物のアクションスターなんだから、一つのカメラで追っかけるカットがもう少しあってもよかった気がする。
やはり、人間の本物のアクションも見たいのよね。
でも気になったのはそれぐらい。
何も考えず、観ることのできる映画は楽しいね。


【三銃士 ~王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船~】
ミラジョボビッチとカメラワークで、バイオハザードの監督が撮ったことが一発でわかる(笑)
やさぐれ三銃士と猪突猛進ダルタニヤンの設定も、アニメ三銃士で育った自分からすると、
初めの方はなんとも渋い顔になったもんですが、話が進むにしたがってこの設定もアリという気がしてきた。
実際、アニメ三銃士のアラミスも女性になってるしね(笑)

アクションもカメラワークも、なかなか頑張っていたのでよかったかなと。
CGの飛行船などは良く出来ていたなと思います。
ここはスゲェ!と思うほど特筆するところもないけれど、上手くまとめてあったなと思ったのでした。
最近は上手くまとめたと思える作品自体少ない気がするので、基本に忠実な作品はやはり面白いんだな、ということに改めて気づかされた。
ただ、続編ありきの作品が最近増えているので、そこはどうも煮え切らない気がするのも確か。
一本の映画を観て、満足した!と思いたいのだけど、実はこの後にまだ続くよ~んと思わせぶりな終わらせ方だと、どうもすっきりしないんだよね・・・。


【ブラック会社に勤めてるんだが もう限界かもしれない】

ぺんぎん(嫁さん)からお勧めされたので観てみた。
展開はよくある邦画のお決まりパターンではあったけど、このお決まりパターンがまた面白い。
2chもどきの掲示板に、自分がおかれている状況を書きながら時間が進んでいくのも、今どきの邦画らしくて面白い。

しかし、ブラック企業ってやつは恐ろしいですね。
2~3日寝ないで作業するのも当たり前ですか。
さすがにこの映画に出てくる会社までいくと、ブラック企業と言われても仕方がないですな。
給料のことは全く描かれていませんでしたが、保険とかどうなっているんでしょうね。

以前、入社して数週間で残業があったとかで、自分の会社はブラック企業だ、などとのたまう方を見たことがありますが、その後もちゃんと給料は出ているし、残業は多少あっても徹夜があるわけでもない。
この程度でブラック企業と言っている世間知らずはどういう育ち方をしているんだと思ったことがありました。
で、この映画を観て、やはり彼の言っていたことはただの逃げ口実だな~と思ったことが(笑)

あれ?ってことは、アニメ業界もブラック企業ですか?w
そんな話、聞いたこともありませんよ?w


【ユメ十夜】
夏目漱石の夢十夜を扱ったオムニバス作品。
名前の通り、10作品を11人(1つの作品は2人の共同作品)の監督で作ってます。
映画を観ただけではよくわからないもの、内容はよくわからなくても面白いもの、監督によってこれ程にも差があるんだなということがよくわかる。

後日、しっかりと原作に目を通してみたのですが、原作とは全くかけ離れた世界観や、なんでこの話がこういう映像になるのかわからん…、というものがはっきりとわかりました。
原作に忠実に映像化しているベテランの方。
ちょっと一ひねり加えて、今風のアレンジで表現している方。
あまりにもかけ離れた世界観過ぎて、何を表現したかったのかいまいち分からない方。

感性というものは正解があるわけではないので、表現や受ける印象など人それぞれにあって然るべきなのですが、
やはりクリエイターは出来る限り、少しでも多くの視聴者にわかる表現を用いたほうがいいのかな~なんて思います。
まぁ、その辺りのボーダーラインは上でも言っている通り、人それぞれなわけで(笑)
あくまでも私の意見です。
正直、芸術系アニメは今でもわからないことが多いですから。
やはり自分は商業アニメ畑の人なのです。

ただし、この作品に限って言えば、10作品もあるオムニバス作品なので、実験的な作品に仕上げたかったことは想像に難くありません。
観る側の許容範囲が広がるのも、当然いいことですしね。


また、時間があったら、他の映画の感想をば。

拍手

HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ごじょる
性別:
男性
自己紹介:
アニメな業界に住む、かっぱ
ぺんぎん(嫁さん)と、ひっそり暮らす
記事の内容は、必ずしもその日の行動とは限りません(笑)
最新コメント
[01/03 コタツ猫]
[12/10 コタツ猫]
[12/10 コタツ猫]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター

Copyright © [ ごじょるのお家 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら… Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]