忍者ブログ
のんびり・また~り・まいぺーす: 自分のために、日々の出来事を書こう。日記の代わりにね。 最近は、美味い!しか言ってない気も(笑)
ブログではあんまりこういう話を書きたくないんだけど、非常に虚しい気分なので自分なりの考えを書き留めておく事に。

はだしのゲン。
自分も当時、小学生時代に学校の図書館(というか教室だったかな?)に置いてあったので、とりあえず読んだくち。
戦争の悲惨さや虚しさ、原子力爆弾の恐ろしさなど、当たり前のように衝撃を受けた漫画だった。
そして、自分はこの作品からは、それ以上でもそれ以下でもない感情が植えつけられました。

そして、松江市での閉架問題。初めは、あまりにも衝撃的な表現などにより、子供たちに読ませるべきではないと言うところから始まった・・・よね確か。
それが時間が経つにつれて、なぜ6巻以降のみ閲覧規制されたのかとか、共産党や日教組の関わり?が表に出てくる。

初めは表現の自由の制約はいけない、という単純と思われる図式だったと思たんだっけど、それが、反日左翼の思想を閲覧制限するのは正しいとか、またしても右翼と左翼の図式になってきた。
プロパガンダね。はいはい。

えーっとさ、なんと言うか本当に今の日本はどうなっちゃったのかなと。
それとも、自分が一般人の思考からかけ離れてるのでしょうか?

はっきり言って、旧日本兵の女性に対する非道な行いや、反天皇制を植えつけるかの如き発言など、確かにショックを受ける子供は多数いるだろうと思うよ。
これは、反日思想のプロパガンダだと言う人もいるでしょう。
でもね、本質はそこじゃないでしょう。
なによりも戦争行為は、人間をどこまでも貶めるかもしれない行為なのではないのか?という部分が、一番感じなければならんことではないかと思うんですよ。

別に天皇制反対の人がいたっていいじゃない。
理由はともかく、そういう人がいたっておかしくないよ。

各国の戦争映画を観ればわかるように、一般人に対しての悪逆非道を行うシーンも当たり前のようにあるでしょ?
それとも、全ての戦争映画は各国の左翼が作っているから、そういったシーンがあるんだということなんでしょうか?そこまで各国の映画制作者が嘘を並べているということなのかね?
そして、旧日本兵の一人の兵士もそんな酷い行いはやってません!キリッ!とか言うんでしょうか。
従軍慰安婦は無かったにしても、慰安婦は必要なぐらい性欲が強い男達もいたというのに。
戦争なんか無くったって日々犯罪を犯すような生物が、戦時中の興奮状態において何もしなかったか?それこそ信じられん、というのが自分の見解。
はだしのゲンの漫画の中のような行為をやっていたかは自分の眼で見たわけではないので当然知らんけど、でも何かしらの犯罪と思しき行為はあったのではないか?と思わざるを得ない。
無かったらいいんですけどね。
国が指示したとか、個人がやったとか、それは関係ないです。
被害者は、被害を受けたことに違いはないのだから。

で、本当に言いたいこと。
まず、なによりも子供たちは(基本的に)純粋なので、この手の内容を(漫画であることによりハードルも低くなり、より一層)信じてしまうかもしれない。
でも、そこで大人が正しい情報を教えることがなによりの教育ではないの?
いや、大人だって当たり前のように間違える。だからこそ、大人はより情報には敏感にならなければならんのだと思うよ。
正しい、ではなく、一つのものごとに執着せず、広い物の見かたが出来るように、かな。
なんだかんだ言っても、自分だってたまに感情だけで脊髄反射で感想を言うことはあるし、自分の考え方は間違っていることもあるでしょう。

ちょっと脱線した。
千差万別の大人たちの情報から、子供たちは自分なりの情報の取捨選択をしていくと言うのが、本来の正しい学びではないの?
子供たちを馬鹿にするのもいい加減にしろ!と言いたい。

今回の件は、どちらかと言うとただ単に大人たちの教育の放棄にも見えるんですけど。
間違った情報だと思うのならば、それは違う!と子供に教えればいいんじゃないの?
それだけの話ではないの?
戦争は間違いなくあったんだから。
そして、人それぞれの考え方(原作者の思考)があるに決まってるんだから。
要するに、偏った(と思われる)思想に引っ張られないように教育すればいいだけじゃないのか?

右翼だの左翼だの、日教組や共産党のプロパガンダだの、そんなことはどうでもいいんだよ。
どちらも相手の意見を聞き入れないという部分では、全く共通認識な人たちなんですから。
本当、同属嫌悪さんたちのツンデレ具合には付き合ってられませんわ。くっだらねー。
あ、とは言っても、ウヨサヨの人たちの考え方まで否定する気はありませんよ。
そういう思考の人もいるということを受け入れないと、ここで書いたこと自体が破綻してしまいますからね。

戦争は絶対にダメ!という本質的な部分は、たぶん世界のほとんどの人間の共通認識だと思う。
(状況によって武力行使やむ無し、になる場合があることも否めないのだけど・・・。)
そういう本質を見ようともしない、子供たちに教えようともしない、敵は排除するもの、そんなくだらない大人たちに育てられた子供たちが不憫でならない。
右・左ではなく、その真ん中を割って突き進んでいくような人間になってほしいですな。
だからと言って、社会性や協調性も全く無視の我関せずな人間になられても、ちと困りますが(笑)


はう。
出来ればブログは、毒を吐いたりするのではなく、読んでくれた人が少しでも楽しくなるような記事を書きたいものですなぁ。

拍手

PR
漫画家の赤松 健氏の、2次創作についての提案が面白い。
これが上手く作用していけば、いままでの2次創作の諸々の問題が多少は解消していくかもしれないね。
「警察の萎縮効果狙う」 赤松健さん、2次創作同人守るための「黙認」ライセンス提案

同じく漫画家の佐藤秀峰氏が、自分の作品「ブラックジャックによろしく」を著作権フリー化などしてますが、今後もこのような動きが出てくるんだろうな。

拍手

昨年はあまり4Gamerの記事を読む余裕がなかったのですが、良い記事があったのでリンク。
このインタビュー記事は本当に勉強になる。

自分に置き換えてみても、年齢とか関係なく、できることを日々模索しながら精進していかなければならないなと。
言うのは簡単だけれど、行動に移す覚悟を持つのは結構キツイ。
なので、自分なりに出来ることを一歩一歩進めていきたい次第です。

田中公平氏とヒャダインこと前山田健一氏の対談が実現。前山田氏が「このままじゃ大丈夫じゃないことが分かりました」と語った訳は……?

http://www.4gamer.net/games/134/G013499/20120329095/



ファミコン版「スペランカー」制作者による裏話がここに。御年70歳,業界歴37年の現役クリエイター,スコット津村氏が振り返るあの頃

http://www.4gamer.net/games/074/G007497/20120713064/


そして、上の記事とは直接関係はないけれど『GRAVITY DAZE(PS vita)』が非常に気になった。今更だけど(笑)
音楽も田中公平氏だし。
空を飛ぶ浮遊感とか気持ちよさそうだし、重力を操ると言えば・・・・プッチ神父ですなw
PS vitaが手に入るような奇跡があったら考えてみるかな。

拍手

ニコニコ動画で党首討論をやっていたんで、仕事しながら見てました。
今回は下の三つが争点のようになってますが、各党の考え方がなんとなく見えるようにまとめてみましたよ。
党の順番はなんとなく(笑)
政治に興味が無い人は読まないほうがいいですよ~。長いですからw

ちなみに、ニコニコ動画の討論会を見たうえでのまとめなので、その後方針が変わっていたものについてはわかりません。

【TPP】
民主・・・参加に賛成
自民・・・「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り反対
公明・・・反対
維新の会・・・交渉に賛成
日本未来の党・・・反対
共産・・・反対
社民・・・反対
みんな・・・交渉に賛成
国民新党・・・反対
新党改革・・・賛成
新党大地・・・反対
新党日本・・・反対

実はTPPの参加交渉については、ラジオなどで専門家や評論家の話を聴いていると、参加表明なのか、交渉に参加なのかがはっきりしないんですよねぇ・・・。
『交渉に参加するだけ』だから国益に不利ならば抜ければいいという論者と、『交渉に参加するということはTPPに参加する&参加しないわけには行かない』という2パターン。
なので、反対はあくまでも反対なのでわかりやすいんだけど、賛成に関しては党の考え方と、国際的標準がわからないので、何とも言えなかったりします。

個人的には、交渉内容に対してしっかりとモノを言えること前提で、さらに交渉に参加したからと言ってズルズルとTPPに参加、とならないのであればいいんじゃないですか?と言いたい。
でも、信用できないので現状では反対のスタンスが強いかな。

参加国を見ても、メリットなさそうという論もあるしね・・・。
でも、先に参加して主導権を握るのも大事と言う話もあるし、う~ん。

長いのでたたみます。

拍手

いやー、こんなことが2年前にあったとは全く知りませんでしたよ・・・。

反日デモで叫ばれる「日本鬼子」を萌えキャラ化→中国人困惑
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1559703.html

我が家が推奨している、『全世界日本アニメ化計画』の、あるべき姿の一つですな(笑)

そういえば日本の蔑称で、小日本なんて言葉もありますが、あれって日本人で罵倒されてると思っている人っているんでしょうかね?
正直ほとんどの人が、なんで当たり前のことを言っているのか、ぐらいにしか思っていないんじゃないでしょうか。
日本は小さいですが何か?的な。
意味は、「取るに足らない日本」、「度量の狭い日本」、「ケチな日本」、「小児的な日本」だとwikiには書かれていましたが、う~ん・・・国土も小さいし、身長も低いしねぇ。いや、ODAをどんだけ出してると思ってんの!?(笑)って、彼らは全く知らないんだよね。

とにかく日本側は慌てず騒がず、冷静に対処していって欲しいと思いまする。
まぁ、憲法上こちらから攻撃することはできないんで、冷静も何もあったものじゃないんですけどね。
中国側が武力攻撃をしてこないとも100%は言い切れないので、そのときは速やかに覚悟を決めるしか無いのですが。
とはいえ、私ども一般人は指を加えて見ているしか無いですし、自衛隊の方々に全てを委ねるしか無いのです。
(最悪、尖閣以外の場所で戦闘にはならないだろうし、なったら世界中の非難を浴びるわけで、そんなリスクはさすがに背負わないでしょう。と思う。)
あ、ちなみに中国海軍と自衛隊が仮に尖閣諸島でドンパチなった場合、自衛隊の圧勝だそうです。

いや、そうならないように外交をしっかりしてくれ!としか言いたいんですが。
党首選びに躍起になってる場合じゃないだろうに・・・。


続きに拍手コメントのお返しです。

拍手

中国や韓国で起きている反日デモ&暴徒化。
はっきり言って、日本側は冷静にニヨニヨしながら見ていたほうがいいですね。
尖閣諸島や竹島の領有権に関しては、断固主張すべきだろうけど。
正直、中国や韓国のデモは、自国の政府に対してのストレス発散ですから、やらせておけば勝手に沈静化するだろうし、自分たちがレベルの低い民衆です!(キリッ)と、世界中にアピールしてくれるんですから。
民度の低い国民の言うことに、世界はどのように反応しますかね。
まぁ、日本以外のどの国のデモでも、ほとんどが大なり小なり暴徒化するんですが。
あの、紳士の国でさえですよ・・・。
あ、日本企業は壊された建物などは、しっかりと中国に請求!

アニメ業界は御存知のとおり、中国と韓国とは密接な関係なわけですが、仕事をボイコットするとか、仕事の手を抜くとか、そんなことは一切ありません。当たり前ですがw
中国にしろ韓国にしろ、諸外国との関係性がわかっている民衆ほど今回のデモについては冷静に見てますね。
戦争だとか言っている一部のマヌケは、引き篭もって大戦略でもプーライ!していてくださいませ。
※プーライとは、爆笑問題の太田さんが推奨しているネタ。プレイ→プーライになったらしい。

ただし、現在、中国や韓国に滞在している日本人の方々は、しっかりと守っていただかなければなりませんね。
つか、早く全ての日本人を帰国させるように指示を出せよと。
今の政府はあまり頼りにならないのが、非常に心配なのですが・・・。

個人的には、こちらのことよりイスラム圏のデモ&暴徒化のほうが非常に心配だったりします。
なぜか昨日、ドイツ大使館まで攻撃されてると聞いて唖然としましたよ。
こちらの暴徒も、結局はアメリカ憎し→キリスト教憎し→欧米憎しのパターンなんでしょうかね。
なにこれ。

ああ、そういえば最近はネットの中でもこんな状況を良く見るようになりましたか。
記事に対する炎上騒ぎなんて、場合によってはこういった事例とたいして変わらないんじゃないですかね。
世の中全体が不景気で鬱屈している証拠なんでしょうか。
あーいやだいやだ。
最近はできる限り文句を言ったり、愚痴をこぼさないようにしてましたが、さすがにここ最近の日本や世界の状況を見ると、ウンザリすることばかり。

気分転換に楽しいことでもしようかと思っても、ゲームやアニメ、漫画も昔ほど楽しいと思わないしねぇ・・・。
そういった意味では、最近は深夜ラジオが一番楽しいかも。
仕事しながらでも聴けるし。
なんにせよ、世間に惑わされず楽しい毎日を送っていきたいものであります。

拍手

最近気付いたこと。
自分のブログを、会社のPCと自宅のPCで見比べてみると、画像の次に始める文章の改行位置が違っているんですよね。
基本的に画像の下から、次の文章が始まるように設定しているんですが、会社で見ると画像の横から文章が始まってるじゃないですか。

bbf16373.jpeg






















ほら、このように。

ブラウザは同じFire Fox。
もしかすると、OSによるんでしょうか。
ちなみにIEで見たら、画像の横に2行文章が残ってました(笑)(^ω^;)

スペースを空けると、人によっては画像の下の文章との間が空きすぎるし。
気にしないほうがいいんでしょうが、こういうことが気になるお年頃。

あとは、忍者ブログのクセがあったりするのかとか。
ちょっと、暇があったら他社のブログで検証してみましょうかね。

拍手


現在、ファミリー劇場にて再放送中の「人形劇 三国志」
ずいぶん昔にNHKで放送してたものです。
これを、ぺんぎん(嫁さん)が録画編集してくれているので、ちょくちょく横目で観ていたりするんですが・・・。
これが、面白いんですよ!
ちょっとでも観始めたら、終わりまで目が離せないんですよ、これが。

当時はまだ子供だったので、三国志自体知らなかったわけですが、その後ゲームや小説やアニメなどで三国志のファンになりました。
で、この歳になって観てみると、またこれが色々と感慨深いところがあったりします。
特に思うことは、人形のちょっとした行動やしぐさ、目線などのとても細かい操作が人形と思えないぐらい見事だったりするということです。
当然、表情の変化(口や眉毛などは動かない。まばたきと瞳の動きはあり)は無いわけですが、これが人形操作の演技力によって見事に表現されているんですよ。
さらに、人形操作をしている人たちを感じさせない見事なカメラワーク。
30年前の作品でこのクオリティは、今思えば本当に凄い事だったんだなぁと思います。
ちなみに、すべては人形作家・川本喜八郎さんの人形達が素晴らしいからこそ、という大前提があるのですが。


ちょっと脱線しますが、ドラマ平清盛も少しはこの作品を観てカメラワークを勉強しろと言いたい。
ことあるごとに顔のドアップが挿入されるわ、アップ時にわざとフレームの中心から顔をずらしていたりとか、何か意図があるように表現しているつもりらしいけど、ただガチャガチャしていて観難いだけなんですけどね。
顔をフレームの中心からずらすカメラワークは、アニメの場合だったらよほど思わせぶりな演出のとき以外は完全にリテイクくらいますよ。
これが芸術性の高い演出とか思っているんだろうか・・・?

俳優のアップは、もしかするとプロダクションからの注文なのかもしれないけれど、とにかく見ていて鬱陶しいだけ。
TVアニメは、動画枚数を減らす為に苦肉の策で顔のアップ(口をパクパクさせるだけ)を多用しているだけであって、実写でやる意味が全く無いでしょ・・・。
俳優の演技力(立ち振る舞い、動作など)でカバーしろよと。
男は背中で語れるはずなのよ?w

最近のドラマって、本当にTVアニメみたいで観ていられないんですよ。
ちなみに、そんなこんなで内容が全く頭に入ってこないのです・・・。
逆に言えば、内容が素晴らしかったとしても、観ていられないというなんとももったいない作品なのかも、と私個人に関して言えば思わざるを得ませぬ。
あ、ぺんぎん(嫁さん)もまた然り。

ちなみに、ぺんぎんの友人曰く、あまりにもアップと引きのカット繋がりが多くて、画面を見ていると酔うそうです。
ゲームで言うところの3D酔い?
前々から思っているんですが、斬新なことをやろうとする意識は否定しませんが、どうも根本を間違っている作品が増えてきている気がするんですよね。
映画も、ドラマも、アニメも、漫画も・・・。

あ、念のため。
平 清盛ファンの方、申し訳ありません。
あくまでも、ワタクシごじょるの主観でございますゆえ。


えーと、三国志のはなし。
たしかに、子供でもわかるようなアレンジが施されていたりしますが、大人が観ても充分に耐えうる作品になってます。
あとは声優陣がすごいですね。wiki→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%BD%A2%E5%8A%87%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97
ほぼ10人ぐらいで、すべての武将や民衆などの声を担当してます。
ああ、そういえば進行役に紳助・竜介が起用されてます(笑)これも、時代ですね~。

今週は、あの有名な赤壁の戦いが描かれる話が待っております。
もう、それだけでワクワクしますな。
三国志、人形劇、アニメーション、声優などに興味のある方は、観ても絶対に損はしないでしょう。

つうか、観ておいたほうがいいと思われ。
本気(と書いてマジと読むw)でオススメです。

拍手

HOMENext ≫
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ごじょる
性別:
男性
自己紹介:
アニメな業界に住む、かっぱ
ぺんぎん(嫁さん)と、ひっそり暮らす
記事の内容は、必ずしもその日の行動とは限りません(笑)
最新コメント
[10/31 コタツ猫]
[01/03 コタツ猫]
[12/10 コタツ猫]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター

Copyright © [ ごじょるのお家 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら… Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]